中学受験の為の進学塾について

近年、中学受験を目指している児童は増え続けています。
家庭教師を利用する方もいますが、やはり大半を占めるのが塾に通うパターンです。
いわゆる進学塾と呼ばれるものですね。
進学塾の中でも、いくつかの種類に分けることができます。
少人数での学習を進める小規模な塾・全国規模の大手有名塾・特定の中学校受験に狙いを定めた学習のための専門塾などです。

教室

このような進学塾についてご説明します。
進学塾に通うメリットのひとつに、そのカリキュラムがあげられます。
過去の経験や実績などから、さまざまな受験生のレベルに合わせたカリキュラムが用意されています。
基本的にこの各カリキュラムに沿って学習が進められます。
一般的に進学塾のカリキュラムでは、公立小学校の学習進度と比較して相当先をいく進み具合のことがほとんどです。
また教科書にない内容を教えるような塾もあります。
カリキュラムで使用でするテキスト類も進学塾ならではの強みです。
オリジナルのテキストなどの教材は、過去の入試問題や傾向を分析したもので、それぞれの児童に合わせた教材を使用できます。
また、集団塾なら個別指導塾にくらべて比較的授業料が安くなっているのもポイントです。
集団塾では仲間意識や互いに切磋琢磨するモチベーションといった作用も期待できますし、塾内における自身のレベルによって実力が把握しやすいというメリットもあります。
さらに進学塾のメリットでいえるのは、中学受験の情報や合格までのノウハウを有していると点で、特に大手塾はこの点に強いです。

 

ただ、学習塾に通う場合は当然デメリットがあることも知っておく必要があります。
たとえば、集団塾であれば多くの生徒に向けた授業内容なので、個別の習熟度にかかわらず学習が進んでいってしまう可能性があることです。
学校で習っていない全く初めての分野を学習していくことも多々あり、塾の授業についていけないといったプレッシャーに悩む子もいます。

教室

また頻繁に実施される塾内のテスト結果に一喜一憂して、本来の目的である中学受験のための学習意欲に影響を及ぼすことがあります。
そして当然塾通いは夜遅くの帰宅になる、という点でも問題があり得ます。
場合によっては親が送迎する負担も出てきます。
自宅で家族で食卓を囲むことも少なくなりますから、食生活や健康面・精神面でも十分な注意が必要になります。
自分の自由時間は大幅に減少しますから、交友関係や運動不足でストレスがたまりやすくなるのは当然です。

 

最近ではインターネットの普及もあり、以前よりも手軽に活用できる通信講座を取り入れる家庭も増えています。
通信講座はなんといっても自分の都合に合わせて学習できる点が魅力です。
塾に通う場合は、放課後や時には休日まで塾に出向いて授業を受けるわけです。
その点、通信講座はそういった心配が一切無用です。
また受験対策のために用意されたカリキュラムで勉強することが可能です。
中学受験というのは、学校の教科書だけでは不十分なのが現実です。
小学校での学習で不足している部分を通信講座で補えば、独学よりもはるかに効率の良い勉強ができるわけです。
つまり自宅学習と学習塾のメリットを一つにした方法ともいえます。
ただし通信講座はある程度自由に時間調整ができてしまうので、本人の意思の強さが大きく影響する点に注意が必要です。

 

 

勉強のコツをつかむ

個別指導の学習塾は勉強を学ぶために最適な場所です。
個人に合わせた指導を行ってくれるので分からない箇所をなくすことができるため、勉強に追いつけなくなることがありません。
○おススメサイト((中学受験サワヤカ突破))○